バナー

個人でも導入可能な仮想化基盤の技術を理解しよう

仮想化基盤の技術は個人でも気軽に導入できるので、この技術を理解することで活用していきましょう。

この仮想化基盤の技術とは、OS環境を仮想環境上に再現することが可能です。



OSは本来パソコンに直接インストールする形で導入するものですが、仮想化基盤の技術を使うと仮想環境の中でOSを実行することができます。
それに接続されているハードウェアやデバイスドライバまでも、一緒にシミュレーションして動かすことが可能なため、物理的なパソコンを用意しなくても、OS環境を増やすことが可能です。

これにより、メインで動かしているパソコン上に、複数の異なったOS環境を動かすことが出来ますから、OSやプロブラムの動作検証をする場合にも役立ちます。



具体的には、作ったプログラムをメイン環境とは異なったOS上で動作実験をすることも手軽にできます。



アプリケーション開発をするときにも、簡単に複数のOSでの動作実験ができるので、開発効率は格段に向上するでしょう。

WEBサービスを開発したいときには、仮想環境で動いているサーバOSにWEBプログラムを設置して動作させることで、安全に実験をすることが可能です。


仮想環境として動かすメリットはいくつかありますが、大きなメリットの一つとしては仮想環境内での動作はメイン環境に影響を与えない問いことが挙げられます。

そのため開発したプログラムが致命的な不具合を抱えていたとしても、仮想環境の外までは影響を与えないということです。