バナー

仮想化基盤技術はビジネスの世界でも広く使われている

仮想化基盤とは、OSを仮想環境上に再現し、そのOS上に乗っかっているソフトウェアや、接続されているハードウェアなども含めて仮想化する技術の事を言います。

この仮想化基盤技術を使うことのメリットは様々で、その利用用途の幅もとても広いです。

仮想化手法はビジネスの世界でも広く使われていて、効率化やコスト削減をする上で無くてはならないサービスになりました。



ビジネスの世界での主な使われ方としては、ネットワークサーバのOSを動作させる基盤として利用されています。
従来のようなサーバ一つに一つのOSをインストールする形では実現できなかったものが、仮想化基盤による仮想環境で実現できています。



本来ならば、一つのサーバリソースを提供するときにはサーバ1台をそのまま貸し出す形になっていましたが、仮想環境化されたOSを一つのサーバに見立てることで、サーバ1台を色々な形で自由に利用できるようになりました。

これのメリットは、サーバを物理的な変更なしに、デジタル的に構成を変更できるという点にあります。パソコン画面上で、設定を変更するだけでサーバの仕様を変更できるので、サーバの管理性は飛躍的に向上しました。
サーバを提供している会社では、この仮想化技術のお陰で大幅なコストの削減に成功していて、自由度の高いレンタルプランも提供できるようになっています。

これは利用者にとっても必要な分量だけのプランを選択しやすくなったということで、選択な幅も広くなりました。

あなたの知らないOKWaveの情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。