バナー

ビジネスの世界では仮想化基盤が広く使われています

仮想化基盤とは、仮想環境のレイヤー上にOSやハードウェアといった、コンピュータの一式をソフト的に再現する技術です。
この仮想化基盤の技術を使うと、仮想環境上に自由にOSやハードウェアを配置することができるため、OS環境を量産するときに役立ちます。

実際に使われている場面としては、レンタルサーバー業界では特に活用されています。


レンタルサーバーには、FTPソフトで直接FTPサーバに繋いでファイルをアップロードする形式のWEBホスティングタイプと、VPSと呼ばれる仮想環境一式をそのまま貸し出すタイプがあります。



VPSと呼ばれるレンタルサーバーでこの仮想化基盤技術が使われていて、自由度の高いレンタルサーバープランを提供する上で役立っています。
レンタルサーバーでは、利用者のサイトやサービスの規模によって、適切なプランというのが異なりますから、プランの自由度が利用者に選ばれる理由の一つになっています。

小規模のサイトや試用目的でレンタルしたいときには、まず最小限のプランを選ぶことが多いです。



後に規模を変更したいときにや、アクセス数の増加によりやむを得ずプランを変更する必要に迫れる場合があります。

産経ニュースがとても人気であることがわかります。

そのようなときに、サービスを停止せずにプランを変更したいときに、この仮想化基盤技術が役に立ちます。
自由度の高い設定変更が可能なので、物理的なサーバ本体を弄ること無くサーバの構成を変更可能なのが大きなメリットの一つです。