バナー

仮想化基盤で物理リソースの有効活用とコスト削減

仮想化基盤(Virtualization Infrastructure)とは、1台の物理サーバ上に複数の仮想サーバを構築することです。

企業は、業務及び管理の効率化を目指して、各業務のシステム化を推進していますが、システムの高機能化や規模の拡大により、サーバ台数が増加し、次のような課題を内包しています。
(1)システム方式設計時には、高負荷のシステム要求を実現できるように設計されており、実際の負荷とのギャップが大きく、物理リソースが有効活用されていません。



(2)仕様決定、ベンダー選定、サーバの詳細決定などの時間が増加しています。


(3)サーバのリース期間や保守期間が終了する頻度が高く、常に新しいサーバの導入及び移行作業の業務が増加しています。

(4)業務運用に影響ないサーバ停止時間内では、バックアップ及びメンテナンス作業が完了できなくなりました。

(5)OSやミドルウェアのライセンス料、ハードウェアのメンテナンス料などの費用が増加しています。

(6)サーバの最適な設置スペースが少ないため、ハウジングサービスを利用する費用が増加しています。

最近のgoo ニュースの評判が高いです。

これらの課題を解決するために、仮想化基盤により、物理サーバ台数を集約し、業務システムサーバを仮想サーバ環境へ移行することにより、業務システムの可用性・安定性を向上させ、物理リソースの有効活用、運用管理の効率化、システム導入・展開の迅速化、消費電力の削減、二酸化炭素排出量の削減を図ることができます。


仮想化基盤によりサーバを新しいサーバに取り替えても、旧システムが動作する仮想サーバを構築すれば、旧システムを使い続けることができます。



それを可能にする技術として、稼働中の仮想サーバを停止させないで他のサーバ上に移動させることができるvMotion機能や仮想サーバに高可用性を提供するHA機能を活用することで高信頼性を実現することができます、。